集積Green-niX研究・人材育成拠点

究極無給電IoTネットワークで地球温暖化に対抗する
新たなグリーンインダストリーを創出するための
産学共創拠点

活動

文部科学省の「次世代X-nics半導体創生拠点形成事業」の対象拠点として、東京工業大学が代表機関、豊橋技術科学大学と広島大学が中核機関として連携し、革新的半導体集積回路の統合的研究開発と、それを俯瞰的にマネージメントできる人材の育成に取り組みます。

集積Green-niX研究・人材育成拠点

人類が直面する重要課題である地球温暖化を抑制するために、再生可能エネルギーへの転換等に加えて、環境保全と経済性を両立した対抗策を総動員することが急務です。 本拠点では、温暖化による災害からの避難行動迅速化に向けて、広く大気の情報を収集/展開するセンサーやアクチュエーターに搭載する汎用可能な超低消費電力アナログ集積回路・アーキテクチャー技術や、超小型発電/蓄電、A I技術を組み合わせて、究極無給電IoTネットワークを構築します。 新しい産業群であるグリーンインダストリーを創出し、地球環境保全と経済性の両立を図ります。

挨拶

拠点長:若林 整(東京工業大学)

東京工業大学大学院修士課程修了、NEC(株)、ソニー(株)を経て、東京工業大学工学院電気電子系教授
集積Green-niX研究・人材育成拠点・拠点リーダー、博士(工学)

連絡先

集積Green-niX研究・人材育成拠点

〒1226-8502 横浜市緑区長津田町4259-G2-22
東京工業大学 すずかけ台G2棟
Email: coi.info_atmark_coi.titech.ac.jp
TEL/FAX: 045-924-5594

ページトップへ戻る